マタニティ情報ねっと

マタニティ情報ねっと

出産費用

出産やこれから始まる育児にはとてもお金がかかりますね。 妊娠・出産は基本的に健康保険がきかず、妊婦健診や出産費用などで50万円~100万円程度のお金がかかると言われています。 ただし、ここでぜひ覚えておいて頂きたいのは、公的な補助制度を使うと出産にかかる費用をかなり軽減することができるということです。 このページでは、妊娠前に知っておきたい出産のお金のことについて全てお伝えしていますので、ぜひ確認しておいてください。

出産でもらえるお金

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


子ども一人につき42万円がもらえる「出産育児一時金」

出産育児一時金

出産育児一時金は、妊娠・出産に必要な費用をサポートするため、1児につき42万円、健康保険から支給されます。 病院への支払いをクレジットカードで支払えば、カードのポイントが貯まるメリットもあります。 ただしこのメリットを上手に活かすには、クレジットカードを使える病院であることが必要になります。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


月額81,000円以上かかった部分はほぼ戻る高額療養費制度

高額療養費制度

正常な出産をすることができれば出産育児一時金などによって大部分は補うことができますが、 帝王切開切迫早産などのトラブルがあった場合には、 追加費用が発生するために自己負担額が高額になることもあります。 そんなケースにおいて、払い過ぎた医療費を返還してくれるのが高額療養費制度で、 収入が低い人ほど多くの金額を貰えるので「出産したいけど経済的にキツイ!」という人にはとても嬉しい制度です。 高額療養費が支給されるまでの間、無利子でお金を借りることができる高額療養費貸付制度」などもあります。

↑ PAGE TOP


年間10万円以上だと一部戻ってくる高額医療費控除

高額医療費控除

医療費控除とは、1年間で一世帯の医療費の支払いが10万円以上になった場合、確定申告で税務署に申請するとお金が戻ってくるものです。 申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。 申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった交通費や費用の領収書などは大切に保管しておきましょう。

↑ PAGE TOP


意外と知られていない傷病手当金

傷病手当金

切迫流産妊娠悪阻(にんしんおそ)によって会社を休む場合、健康保険から標準報酬日額の3分の2の額傷病手当金がもらえます。 勤め先の健康保険に加入している女性が対象です。国民健康保険は対象外です。 「傷病手当金支給申請書」を窓口に提出する必要があります。 産休中は出産手当金が優先ですので、傷病手当金は重ねてもらうことはできません。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


年度の途中で退職した人がもらえる所得税の還付金

所得税

年度の途中で退職した場合には、過払い分の所得税確定申告により戻ってきます。 対象者は退職後再就職をしていない方で、申告時期は翌年1月~5年以内で受け取り時期は申告してから約1~2カ月後です。 退職時にもらった源泉徴収票をチェックして、所得税が引かれていれば申告対象となります。 退職した年の秋から冬にかけて送られてくる生命保険料の明細が届いたら保管し、 翌年の確定申告時に源泉徴収票とともに添付して税務署に提出します。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


帝王切開の場合は自然分娩と比べて高額に

帝王切開

胎盤が子宮の出口をふさいでいる場合や逆子など、自然分娩による危険性が高いと判断された場合には、 子宮を切開して赤ちゃんを取り出す「帝王切開」での出産となります。 日本では約16%、米国では29%が帝王切開による出産です。 帝王切開で出産をすると、一般的には次回(2回目)以降の出産も帝王切開になります。

↑ PAGE TOP


帝王切開の場合は自然分娩と比べて高額に

帝王切開

帝王切開にかかる費用は50万円から75万円くらいと、自然分娩と比べて高額になります。 医療保険などの手術を保障する保険に加入している場合は、帝王切開手術給付金の支払い対象となります。 手術給付金入院給付金を合わせて10万円程度が一般的です。 ただ、医療保険のなかには入院給付金のみのものがあるので、 手術給付金が出るかどうかは加入時に確認したほうが良いです。

↑ PAGE TOP


医療保険に加入する場合は、妊娠前に加入しましょう

医療保険

早産帝王切開等で入院や手術をした場合、加入している医療保険によっては給付金が出ます。 ただし、妊婦判明後に新規で医療保険に入ろうとすると、妊娠・出産などの保障が制限される場合もありますので、 医療保険の加入は妊娠前に検討するようにしましょう。 具体的には、妊娠27週までは、大半の妊婦は医療保険に加入することは可能ですが、「部位不担保」という形での加入になります。

↑ PAGE TOP


医療保険に加入する場合は、妊娠前に加入しましょう

医療保険

部位不担保」というのは、ある特定の体の部分、指定の疾病については、保障の対象外になるものです。 例えば以下のようなものが「異常妊娠異常分娩」ということで不担保となります。
妊娠後に医療保険に加入した際に部位不担保となるもの
帝王切開切迫早産切迫流産
子宮頸管無力症吸引分娩早期破水
子宮外妊娠前置胎盤妊娠中毒症
死産 等

妊婦必読カテゴリ

葉酸の効果・効能

大人気カテゴリ

出産でもらえるお金

↑ PAGE TOP

マタニティ情報ねっと