マタニティ情報ねっと

マタニティ情報ねっと

予防接種

ワクチンは、それぞれに接種できる月齢や年齢が決まっています。 赤ちゃんの予防接種は種類も回数も多くなりますが、接種できる時期になったらなるべく早く接種をすることが大切です。 お子さんにとってもっともよい時期に予防接種を受けられるよう計画をたてましょう。

予防接種スケジュール

生後2ヶ月目のワクチン

生後2ヶ月目のワクチン

できれば生後2か月になった“その日”に次の4つのワクチンを同時接種で受けます。 これらのワクチンは、小さな赤ちゃんが感染すると重症化して入院や命にかかわるVPD(ワクチンで防げる病気)を予防します。 できるだけ早く接種していち早く免疫をつけることが重要です。
B型肝炎① ロタウイルス① ヒブ① 小児用肺炎球菌① ・0歳で受けるワクチンは6-7種類、15回以上もあるため、同時接種が基本です。
・特にヒブ小児用肺炎球菌の「髄膜炎ワクチンセット」は同時接種で受けましょう。

↑ PAGE TOP


生後3ヶ月目のワクチン

生後3ヶ月目のワクチン

2か月の4ワクチンの同時接種の4週間以後に、四種混合ワクチンを追加した5つのワクチンを同時接種で受けます。
B型肝炎② ロタウイルス② ヒブ② 小児用肺炎球菌② 四種混合ワクチンジフテリア① 百日せき① 破傷風① ポリオ(急性灰白髄炎)①百日せきが流行しています。3か月になったら、すぐに四種混合ワクチンを受けましょう。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


生後5ヶ月目のワクチン

生後5ヶ月目のワクチン

四種混合ワクチンを受け、1週間後にBCGを接種します。
BCG 四種混合③百日せき予防のために、BCGの前に四種混合ワクチンを3回接種することをおすすめします。
BCGが個別接種なら同時接種も可能です。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


1歳1か月のワクチン

1歳1か月のワクチン

ヒブ④ 小児用肺炎球菌④四種混合④】の追加接種を同時接種で受けます。 ヒブ小児用肺炎球菌ワクチンを0歳代で1回も接種していない場合には、急いで接種しましょう。 ヒブは1回接種、小児用肺炎球菌ワクチンは1回目から60日以上の間隔をあけて2回目を接種します。

↑ PAGE TOP


1歳3か月のワクチン

1歳3か月のワクチン

水痘② 水痘は一般に水疱瘡みずぼうそう)としても知られている。 1歳から接種できます。1回目の接種後約3か月たったら2回目を受けるのがしっかりと免疫をつけるために必要です。 世界では、2回接種が水痘(みずぼうそう)ワクチンの標準的な受け方です。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


予防接種の種類

B型肝炎

B型肝炎ウイルス

B型肝炎ウイルスが原因で、肝炎を引き起こしてしまう事を「B型肝炎」と言います。 B型肝炎は世界的に見ても、感染者がとても多い病気と言われており、患者数は3億5千万人、それに関わる病気で毎年60万人の方が亡くなられているそうです。 日本でも感染者数は100万人以上にもなると言われており、100人に1人の割合で感染していると言われています。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


ロタウイルス

ロタウイルス

ロタウイルス感染症ロタウイルス胃腸炎)の発症は、冬から春にかけてが多いとされています。 生後3か月までは、ママからもらった免疫で、ロタウイルスに感染しても重症化せず軽くすむと言われています。 ですが、ロタウイルス感染しやすいピークの時期は、生後7~15か月と言われており、その頃にはママから貰った免疫では、ロタウイルスに対抗できず、重症化してしまう傾向にあります。 生後2か月に入ったら、すぐにロタウイルス対策として予防接種(経口生ワクチン)を受けましょう。 ロタウイルスは、下記のような症状が現れます。
・突然の嘔吐 ・白っぽく水のような下痢 ・発熱

↑ PAGE TOP


ヒブ

ヒブ

ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型:Hib)が原因で「細菌性髄膜炎」を引き起こします。 「ヒブワクチン」と「小児用肺炎球菌ワクチン」は、セットで受けるほうがいいと推奨されています。 両方のワクチンは全くの別物ですが、この二つのワクチンを接種する事で「細菌性髄膜炎」を予防することが出来るとされています。

↑ PAGE TOP


ヒブ2

ヒブ

ヒブワクチンが導入される前の日本では、年間約1000人の子が「細菌性髄膜炎」に感染し、そのうちの600人がヒブが原因で細菌性髄膜炎に感染していました。 特に、欧米の子供の発症率が高かった為、子供に使用できるワクチンを1980年代に開発。 そのワクチンを予防接種として組み込んだ事により、発症率が99%減少したとされています。

↑ PAGE TOP


小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌ワクチンの導入は、2010年と欧米からは10年遅れての開始となりました。 ワクチンを導入前は、肺炎球菌が原因で年間約200人の乳幼児が「細菌性髄膜炎」に感染していました。 ですが、最も症例が多かったのが「菌血症」です。 血液中にいるはずのない菌が増殖してしまう事をいいますが、菌血症が引き金となり、細菌性髄膜炎になってしまう子も多くいました。 ちなみに、ワクチン導入前の日本では菌血症に感染してしまう子が年間約18,000人もいたそうです。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン ジフテリア

ジフテリア

ジフテリア菌が喉に付着することで感染する怖い感染症の一つです。 現在、予防ワクチン(四種混合)や抗菌薬などがあるおかげで、日本ではほとんど発症例がありません。 それは、あくまで予防ワクチンがあるおかげであり、菌が絶滅したというわけではありません。

↑ PAGE TOP


↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン 百日せき

百日せき

鼻水や軽い咳などの、風邪の諸症状のような症状があらわれます。 「コンコンコンコン」などの短い咳が長く続く場合は、市販の抗菌薬では効かなくなってきます。 この短い咳が次第に長くなり、「コンコンコン」という咳が10秒以上続くようになります。 その間、息を吸うことが出来ないため、顔は真っ赤になり、苦しそうな表情になります。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン 百日せき2

百日せき

目が血走ったり、舌の筋が切れることもあります。 咳がようやく止まり、やっと息を吸い込むことが出来る為、おもいきり息を吸い込みます。 その際、「うーーーーーー」「うーーーーーぷ」と音を出しながら吸い込むことが多い為、英語ではウープ(WHOOP)と呼ばれているそうです。 咳が止まらず苦しそうにしている場合や、日に日に1回の咳の時間が長くなる(5秒だったのが10秒近く咳が止まらないなどの)場合は、百日せきに感染している可能性がありますので、 すぐに病院へ連れて行きましょう。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン 破傷風

破傷風

破傷風(はしょうふう)とは、破傷風菌が傷口から入り込み、体内で大量増殖し、破傷風菌毒素という毒素を体内で排出します。 破傷風菌毒素は、筋肉を痙攣させてしまう怖い毒素です。 深い傷口だけでなく、かすり傷などの小さな浅い傷からも感染する可能性があります。 人から人へうつる事はありません。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン 破傷風2

破傷風

傷口がある手で土を触ったり、転んだ際に傷口に土や泥がつく事で、感染することがあります。 怪我をして数日が経過した頃、まずは顔の筋肉に症状が表れ始めます。 顔がひきつり動かしにくくなったり、笑った顔のように引きつったりします。 その後、口が開けにくくなる、舌がもつれ会話に支障をきたすなどの症状がでます。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン 破傷風3

破傷風

破傷風の怖いところはここからです。 その後、全身の筋肉が一斉に縮み、痙攣が起こります。 腹筋や背筋なども痙攣するため、まるでイナバウアーのように背面に反り返ります。 意識はハッキリしている為、子ども自身が怖くて、つらくて、痛い状況が続きます。 この時期を越えると、元に戻りますが、現在の医学でも亡くなる事のある感染症です。 背面に反り返る為、背骨が折れる子もいます。

↑ PAGE TOP


四種混合ワクチン ポリオ

ポリオ

ポリオの正式名称は「急性灰白髄炎(きょうせいかいはくずいえん)」です。 私達は、英語名「Acute poliomyelitis」のpolioの部分をとって、「ポリオ」と読んでいます。 どのような病気なのか分かりやすく説明すると「小児まひ」です。 ポリオに感染することで、手足に麻痺の症状が出る事があります。 感染した子、全員が手足に麻痺が残るというわけでなく、感染者のうち約1,000~2,000人に1人の割合で手足に麻痺が出るとされています。 その他の子達は、無症状または風邪のような症状で終わることが殆どです。

↑ PAGE TOP


BCG

BCG

BCGの接種痕とは、左側の二の腕部分にある9個×2のスタンプ型の予防接種です。 必ず目にしたことのあるものなので、予防接種としては断トツ知名度が高いです。 BCGは、「結核」を予防する為のワクチンです。 ごく稀に「コッホ現象」という症状が出ることがあります。 コッホ現象とは、接種部位が非常に赤く腫れ、化膿し膿が出てきます。 このような症状が見られる場合、接種前から結核に感染していた可能性があります。

↑ PAGE TOP


麻しん(はしか)

麻しん

麻しんは、麻しんウイルスによって起こる感染症です。 非常に感染しやすい病気で、免疫を持たない人が感染すると、ほぼ100%発症します。2007年から2008年にかけて麻しんの大流行が起こりました。 子どもの病気と考えられていた麻しんが、10~20歳代の若者で流行し、高校や大学が休校になりました。 麻しんは子どもだけの病気ではなく、大人でも注意が必要です。 主な症状 ●発熱(最初3~4日間は38℃前後、一時下がった後、再び39~40℃の高熱) ●せき ●鼻水 ●めやに ●発しん など

↑ PAGE TOP


風しん

風しん

風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹などを特徴とするウイルス性の発疹症です。 子どもの場合は、数日で治ってしまう比較的軽い病気ですが、すべての症状がそろわないことがよくあります。 関節痛血小板減少性紫斑病脳炎などを合併することもあります。また、大人になってからかかると重症になるため、注意が必要です。

↑ PAGE TOP


水痘(みずぼうそう)

水痘

水痘は「みずぼうそう」と呼ばれる感染症です。 風しんやおたふくかぜより感染力が強く、水痘に感染した人の「せき」や「くしゃみ」で飛び散った水痘帯状疱疹ウイルスを吸い込むことで感染します。 ●発熱 37℃程度の発熱、倦怠感、食欲の低下、軽い頭痛などがあらわれます。
●発しん・水ぶくれ 小さく平らで赤い発しん(ブツブツ)があらわれます。はじめは虫さされやあせもと似ていることもあります。 その後、発しんがふくらんで水疱(水ぶくれ)になり、体中に広がります。
●かさぶた 水疱は痂皮(かさぶた)となり、最後にすべてのかさぶたがはがれ落ちて治ります。

↑ PAGE TOP


おたふくかぜ

おたふくかぜ

おたふく風邪は、ムンプスウイルスと呼ばれるウイルス菌による感染で発症します。 感染経路としては、飛沫感染や接触感染によって、人間から人間に広がります。 感染力も非常に強いのも特徴ですが、およそ2~3週間ほどの潜伏期間に感染する可能性があります。 おたふく風邪にかかると、高熱(38度以上)が出て、顔が丸く腫れます。 特に初期症状には、首の痛みが強く出るようですが、その後、最大の特徴は、耳下腺の腫れで、耳の付け根から顎のあたりに出ます。 さらに、腹痛や頭痛、倦怠感、腹痛や嘔吐、食欲不振等と言った症状も現れることがあります。 これらは、発症後に出てくる症状ですが、実はおたふく風邪で一番感染力が強力なのは、感染後の潜伏期間中です。

妊婦必読カテゴリ

葉酸の効果・効能

大人気カテゴリ

出産でもらえるお金

↑ PAGE TOP

マタニティ情報ねっと